実機航空機の情報

岡南フライトクラブ(岡山県岡南空港)

フライトクラブ機はセスナ172P型で、岡山県岡南飛行場をベースとして、航空を楽しんでいます。私は日本登録機としては、初めてJIS規格の自動車用ハイオクガソリンを飛行機(JA3649パイパーPA28−140型)に使えるように修理改造検査を通しました。これをクラブ機のC172にも採用し、燃料コストが約3分の1と大幅に安くなりますし、他にも様々なアイデアでコスト安を実現させ、日本一安くレンタルできるように目指しています。

飛行機レンタル価格はフライングクラブとしては破格の1時間18000円〜(燃料込み)となっております。年会費も3万円〜12万円と使用頻度や条件に合わせてもらえます。また、操縦免許をお持ちでない方でも、機体レンタルはできますので、仲良くなったクラブ員等にご自身で依頼をして、ご自身で飛行機を運航する事が可能です。

また、当クラブの活動をサポートして下さる航空好きの為のサポート会員もご用意しております。年会費5000円にて様々な航空情報を得たり、当クラブのイベントに参加する事ができます。こちらも大変ご好評を得ておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

クラブ機をレンタルして、教官を手配すれば、自家用や事業用、計器飛行などの免許取得も可能ですし、自動車用ハイオクの利点を生かして、沖縄の最西端の与那国島や最南端の波照間島、そして、北海道の利尻島などへフライトしたりできます。岡南フライトクラブには様々な職業の普通では出会えない面白い方が多く入会されていますので、一緒に旅行などされて、新しい考え方を学ぶ場所としても最適かと思います。

航空機にご興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。岡南フライトクラブだけでなく、最適なフライングクラブをご紹介したり、免許取得や機体購入を検討されている方へもアドバイスいたします。ただ、航空は狭き門で、悪徳な詐欺会社も非常にたくさんあります。なので、情報を集めて、よく吟味してから焦らず進んで下さい。地雷を踏む事無く、少しでもゼネラルアビエーションの世界が広がれば良いと私は考えています。もちろん利益などは考えておりません。私自身飛行機やヘリコプターのセーフティパイロットなども喜んでやりますし、年齢的に免許取得を諦めてるけど航空機に乗りたい人も連絡下さい。岡山県岡南飛行場ベースですので、近県(広島県や兵庫県、香川県、鳥取県、島根県)の方は特にご検討ください。

今後はクラブ員とレンタルできる機体を増やして、楽しい場所を作りたいと思っています。パイロットや整備士、そして、機体を共同所有してくれる人も大募集中です。

飛行機

C172クラブ機のセスナ172P型

日本の訓練機は、ほぼセスナ172と言ってもいい位に使われています。

自動車用ハイオクガソリン化するには、C172の場合はP型までとなります。


パイパーPA28-140私が所有していたJA3649パイパーチェロキーPA28-140型(150馬力)です。

この飛行機で、訓練して日本にて固定翼ライセンスを取得しました。

そして、近距離の空港(岡山空港や高松空港(香川県)、神戸空港(兵庫県)、広島空港、南紀白浜空港(和歌山県)など)へ友達と飛行して、たくさんの思い出と操縦技術を磨きました。

売却済みで、現在は痛飛行機になりました。


スピードカナード SC-01B私の所有している、変わった飛行機のジャイロフルーク スピードカナードSC-01B(日本に2機)も紹介していこうと思います。

一人で飛ばしても面白くないので、共同で運行してくれる仲間を募集中です。

このスピードカナードを復活させて、一緒に航空を盛り上げましょう!

ヘリコプター

ロビンソンR22ヘリコプター免許は航空先進国のアメリカ・カリフォルニア州ロングビーチにて訓練し、取得しました。帰国後、筆記試験のみを受けてから、日本の免許に書き換えしました。

自家用ヘリコプターの代名詞と言っても過言ではない、ロビンソンR-22を所有して、運航してました。

現在、OHが必要になり、保管しております。一緒に共同所有したい方を募集しています。

私の所有しているロビンソンR22は日本第一号で、現在でもたった一機の自動車用ハイオクガソリンが使える機体になります。共同所有の人数が揃い次第、OHして運航予定です。

現在ヘリコプターは、ロビンソンR44をお借りしてヘリコプターを楽しんでおります。

航空機操縦ライセンス

航空機を操縦するには、もちろんライセンスが必要です。私は趣味でヘリコプターに乗りたいので、自家用回転翼操縦士が必要になります。

このライセンスは日本で取得する方法の他に、アメリカ等のICAO加盟国でプライベートヘリコプターパイロットライセンス取得して、自家用回転翼操縦士へ書き換えする方法があります。渡米して書き換えするメリットとしては、費用が安い事の他に、短期で取得できる事が可能です。

私は17歳で渡米して、訓練していた関係もあり、今回18年ぶりに訓練を再開しました。飛行時間は有効なので、筆記試験のやり直しと少しの飛行訓練だけで取得できそうです。今回はその様子を日記のように公開することにしました。航空留学を少しでも感じてもらえれば、幸いです。

下の航空Menu「出発編」からご覧ください。