トヨタ フォークリフト&ニチユ プラッター(リーチ型)

あると便利なフォークリフト。荷役では一番ポピュラーな機械なので、使いやすいし、作業が早いです。ここではフォークリフトの概要と修理を紹介しています。

フォークリフトの紹介

トヨタフォークリフトフォークリフトが欲しいなと思っていたら、友人の会社に使ってないのがあると言う事で、交渉してもらい格安で購入しました。

しかし、外に放置してあったので、外装が良くないので塗装しました。

引き取り時はタイヤの空気が無く、エンジンも掛かりませんでしたのでユニックで吊ってもって帰りました。

エンジンはキャブレターをOHすると掛かりました。ちょうど、コンテナにて商品が届く予定でしたので急いで直しました。


フォークリフト塗装前トヨタフォークリフトを購入した時はこのような状態でした。野外放置状態だったので、しょうがないですね。


フォークリフト作業初仕事です。

ドラム缶3本ですので約600kgあります。

最大荷重500kgですので、完全に重量オーバーです。油圧がリリーフして荷物が上がらず、なんとかギリギリ持ち上げる事ができました。

お尻も浮いていましたので、余裕は全くなかったです。


リーチ型フォークリフト今あるフォークリフトが能力的にギリギリアウトなので、新しくフォークリフト(ニチユ プラッター)を購入しました。

リーチ型は電動なので、音が静かで排気ガスが出ること無く、倉庫で使うには最適です。能力も倍の1000kgです。

また、リーチ形というタイプなのでマストが前後に動きますし、とても小回りが利きますので非常に便利です。

前後に行くのもレバー1本で出来るので、とても作業が早いです。トヨタフォークリフトのマルチレバー仕様は全ての操作が1個で出来るので、最高なんでしょうね。使ってみたいな。


フォークリフト塗装後お色直ししました。トヨタフォークリフトの新しいカラーのような色にしました。

この後、2台あっても意味が無いので売りましたが、かなりいい値段で売れました。

修理編

ニチユ プラッター(リーチ型バッテリーフォークリフト)充電不能

マイコンチャージャー三相200Vを接続しても、バッテリーの充電ができなくなったので、左の画像のバッテリーチャージャーコントローラーを分解して修理する事にしました。

症状は自動AUTOボタンと均等EQUALボタンのLEDが点滅せず、ボタンを押しても充電が始まりません。たまに停止STOPボタンを押しながら自動AUTOボタンを押すと充電できたりする事がありました。

画像のMI−CON CHARGER(マイコンチャージャー)はバッテリーで有名なメーカーのGS(ジーエス・ユアサ)の商品です。


プリント基板修理分解してみると、マイコンを使用しているようで、思ったより複雑な構造でした。

どうやら、設計が悪いので故障していたようです。

同じように故障した機械がたくさんあるのではないかと思います。修理後、問題無く動作しました。

本来なら丸ごとASSY交換になるでしょうからとても安く済みました。

特殊機械なのでニチユに修理してもらうとビックリする位の金額になるでしょうね。